スポンサーサイト

Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく

フリック入力の威力について  総合

Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく
このページを見ているiPhoneユーザーはフリック入力の威力をご存知だろうか。
iPhoneで日本語の文字入力をする場合、ぜひともフリック入力を強くオススメする。

簡単に申し上げると、タッチパネルをフリック入力で日本語入力すると
日本で販売されているどの携帯電話よりも
速く、楽に、確実に入力する事ができる。


                           ~速い編~

                           ~楽に編~

                           ~確実編~ Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく
スポンサーサイト

フリック入力の威力について 速い編

Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく
まず「フリック入力は速い」と述べた件からいきましょう。
私は普通の携帯の日本語入力(特殊な環境を除き。のちの確実で説明する事にする)
において、最速なのは2タッチ入力だと思います。
例えばテンキーでのカナ入力の場合

「りんごのきのしたで」
と入力するには
り ん ご の き の し た で
2+3+6+5+1+5+2+1+5=30
30回も文字を押さなければならなくなり

2タッチ入力の場合濁音や小文字にする以外は殆ど2アクションになるので(母音は1)
2+2+3+2+2+2+2+2+3=20
20アクションになり大幅に速く打つことができる。

さてフリックはそれのさらに便利で一文字につき濁音や小文字以外は、殆ど1アクションになり
1+1+2+1+1+1+1+1+2=11
11アクションになる。

同じ時間内でこの文章を打てるだけ打て
と言われた場合
下手すればテンキーの人が
「りんごのきのしたで」
と入力してる合間に
フリックの人は
「りんごのきのしたでりんごのきのしたで」
と二倍の文を入力することも可能である。

文字の量をX
時間をT
2タッチの速さをB
とすると
従来のテンキーで2タッチをおこなった場合を
BT=X ・・・・・・・・・・・・・・(Ⅰ)
とおける

いっぽう
iPhoneでフリック入力をした場合だと
iPhoneのフリック入力の速さをAとおいて
2X=AT・・・・・・・・・・・・・・(Ⅱ)
とおける。AとBの関係を比べるために(Ⅰ)を(Ⅱ)に代入して

2BT=AT
両辺のTを割ったら
2B=A
となる。
つまりBの速さが1ならAは2で
Bが3ならAが6
Bが33ならAは66
Bが333ならAは666・・・・・・・
つねにiPhoneの文字入力の速さは
2タッチの2倍なのである

よってフリック入力はどの文字入力よりも速い。
         フリックの脅威 総合編



Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく

フリック入力の脅威 ~楽編~

Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく
さて速い編の次は、楽編へ参ります。
ここで私が述べたいのは、フリック入力というよりも
物理キーに比べてタッチパネル(ソフトキー)の方が楽という事を述べたいのです。

なぜ楽か?
それは物理キーほどに文字入力に力が要らないのです。
「タッチパネルは物理キーとは違って押す感触がないから嫌だ。」
こういう意見を私は沢山耳にします。
だが彼らは誤解しています。
タッチパネル(フリックも含め)は押すものでは無いのです。
よくよく考えてください。わざわざ何も無~い壁を必死に押す人が居ますか?ボタンも何もない壁をですよ?
iPhoneも同じです。そこにあるのは液晶で幻を映している壁なのです。
iPhoneでもっと楽に使いたいなと思ったなら「押す」という意識を変えるべきなのです。
「押す」
ではなくて
「最低限の力で触れるだけ」
何も無い壁があったならその壁の埃(ホコリ)を掃う感覚です。

物理キーは
タッチパネル(ソフトキー)よりも労力がいり
ソフトキーよりも融通が利きません。
融通が利かないとはつまり縦qwertyにしたり横qwertyにしたり
縦テンキーにしたり横テンキーにしたりできないのです。

その感覚でフリック入力をするととてつもなく楽です。
これに慣れてしまうと少し前のテンキーでの文字入力なんて
ギブスを付けてダンス踊ろうとしているような物です。
Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく

フリック入力の脅威 ~楽編~

Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく
さて速い編の次は、楽編へ参ります。
ここで私が述べたいのは、フリック入力というよりも
物理キーに比べてタッチパネル(ソフトキー)の方が楽という事を述べたいのです。

なぜ楽か?
それは物理キーほどに文字入力に力が要らないのです。
「タッチパネルは物理キーとは違って押す感触がないから嫌だ。」
こういう意見を私は沢山耳にします。
だが彼らは誤解しています。
タッチパネル(フリックも含め)は押すものでは無いのです。

考え方を変えてください。
何も無いまっさらな壁があったとします。
その何も無~い壁に必死にパンチしてる人が居たらおかしいなと思いません?
ボタンも何もない壁をですよ?
iPhoneも同じです。そこにあるのは液晶で幻を映している壁なのです。
iPhoneでもっと楽に使いたいなと思ったなら「押す」という意識を変えるべきなのです。
「押す」
ではなくて
「最低限の力で触れるだけ」
何も無い壁があったならその壁の埃(ホコリ)を掃う感覚です。

あと、
物理キーは
タッチパネル(ソフトキー)よりも労力が必要であり
ソフトキーよりも融通が利きません。
融通が利かないとは、一度販売された物理キーの端末は
あとから縦qwertyにしたり横qwertyにしたり
縦テンキーにしたり横テンキーにしたりできないのです。

4:53秒あたりから見ていただくと
モバイル端末においていかにタッチパネルが合理的なのか教えてくれます。

力を使わず入力できるという事は速く入力する事も可能なのである。


iPhoneの縦qwertyとほぼ同じ大きさのBlackBerry Boldと比べてもやはり
物理キーはエネルギーの無駄遣いをしている。Stormの方がよっぽど楽そうである。

先ほど述べた
「壁のホコリを払う感覚でタッチパネルを使う。」
その感覚でフリック入力をするととてつもなく楽です。
これに慣れてしまうと少し前のテンキーでの文字入力なんて
ギブスを付けてダンス踊ろうとしているような物です。
          フリックの威力 総合Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく

フリック入力の威力   ~確実編~

Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく
さて、「フリック入力は確実」と述べた点を説明していきましょう。
フリック入力(およびタッチパネル)の二つの「確実」について。

1つ目は特殊な文字入力と比べての相対的な確実。
実は、物理テンキーでは2タッチ入力よりも速い入力方法が存在する。
それはT9入力というものである。

T9-Wikipedia

T9は単純な話フリック入力と同じ量のアクションで
文を入力する事ができる。
だが物理テンキーで1アクションで表現できる事は限られてくるので
例えば
「りんごのき」
と入力したい場合
「らわかなか」
と入力して、そのあとに候補選択から出るかで無いかの
「りんごのき」という候補を探して選択する事になるのである。

確実ではないし、携帯自体に学習させる事も可能なようだが
そのような時間があったらさっさと自分自身がフリック入力を学習したほうが
速いし確実だ。

2つ目の確実については日本語入力特有の絶対的な確実である。
我々が使う日本語を文字入力しようと思ったらなら
日本語の文字入力における大原則を無視することはできない。
それは、
漢字や変換の候補選択
である。
例えば「きかん」という言葉を相手にわかりやすく誤解を招かないように
伝えようとおもったなら
”期間、機関、器官、気管、帰還、基幹、季刊、効かん、聴かん、聞かん”
などの中から相手に伝えたい正しい意味になる言葉を選ばないといけない。
そうしないと日本語は誤解を招くことが多々ある。
日本語の文字入力において

1.文字を入力する。
     ↓
2.漢字や変換の候補選択をする。
という2つのプロセスを無視することはできない。
従来の携帯に備え付けられてる十字キーだと
上のきかんでいう「基幹」を選択しようと思ったなら
右か下に5回押さないとたどり着けない。
長押しなんてしたら通りすぎてしまうかもしれないし、手前で止まるかもしれない。
今日の携帯業界にはこのような面倒な事を解決するために
・ニューロポインタ
・タッチクルーザー
・ジョグ
・スピードセレクター
などといったポインティングデバイスがあるが
これらのどれもがタッチパネルよりは確実に候補選択できないし
遅いのである。

タッチパネルなら一瞬で変換したい候補を選択する事ができるのだ。
漢字の候補選択が当たり前な日本語の文字入力において
タッチパネルは速くて確実なのだ。
絵文字入力などにはなおさらタッチパネルは便利だろう。


            フリックの脅威  ~総合~

Twitterでつぶやく Twitterでつぶやく
カテゴリ
プロフィール

Author:Komorebi
iPhone3Gおよび3GSのまとめサイトです。

相互リンク募集しています。
サイトの運営者がiPhoneを利用されておられるなら
iPhone関連のサイトでなくてもかまいません。。
連絡先は
iphone3g.iphone3gs☆gmail.com
にお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。